≪SOLD OUT2≫開始直後の指南書≪初心者向け≫

SOLDOUT2.jpg

どもども、くろです。
SO2プレイ開始から早くも一週間が経ちました。
アメジストにて、順調に木こりとして成長しております。


現在の資金が7万弱。

やり直し券による移転を失敗したり
裁縫やろうとアイテム集めた直後にアップデートによって3万ほど爆破したり

様々な紆余曲折がございました。

テナント建てられるようになるまでは、まだまだ時間がかかりそうですね(´・ω・`)


さてさて、見事にスタートダッシュに失敗してずっこけた僕ですが
転んでもただでは起きないのが僕。
ちゃんと失敗から序盤の攻略法を学んで来ましたよ。
まあ「あの時ああしとけば」みたいなのばっかりですけどね!

新しい店舗の場所は人里離れた場所がいい?


amezist.jpg

SO2には地理の概念があるため、一番最初にやることはお店の場所を決めることです。
これが実は結構重要でして、安易に選ぶとあとあと痛い目を見ることも。

個人的には右も左もわからない初心者時代に道路沿いはリスクが高いと感じました。
なんといっても商店が軒並み立ち並ぶ激戦区!
そしてお店のある場所からは原料などがほとんどとれないという痛恨の仕様があります。

道路地形自体はNPCの客が来やすくなるので販売するのには有利な優秀地形なのですが
新しくお店を開いた時の手持ちの資金は0G。
せっかくお客が来てもしばらくは売るものもありません
最初の内は誰でも「近所の地図」を使用して周辺を探索し、販売するためのアイテムを集める必要があります。

ではどこがいいのか。
基本的にマップはお好みです。
アメジストとか初心者にとても優しくておすすめですが、マップは基本お好みで(ステマ)

重要になるのはお店の位置です
お店の位置は人里離れた場所で、地形に二種類のボーナスのある場所をおすすめします。

例えば周囲を林に囲まれていて、水資源がある場所の近くならば
木材や薬草などのアイテムを探した時に地形ボーナスがつき
更に水を汲む際にも地形ボーナスを得ることができます。

「薬草」「水」があれば紙に加工することが出来るので
作って売ってもよし、そのまま原料のまま売ってもよし。
「色草」「鳥の羽」でペンを作って本や地図を書くこともできます。

もしくは砂漠などの岩や砂といった鉱石資源のある場所と草原の間などもおすすめです。
鉱石系の原料は非常に需要が高いため、原石でもプレイヤー相手にそこそこ高値で売れます。
序盤の資金繰りに鉱夫をやるならこの位置ですね。

基本的に水場の近くなら嫌でも2種類の地形ボーナスがあるので安定しやすいです。
ですが、水資源は人気なのでそこも激戦区だったりしますけども。

地形や新規店舗の場所に関しては、やってしまへさんのところにもかなり解りやすい記事があるので、そちらも参考にしてみるといいかもしれません。

>>【SOLDOUT2ビギナーズガイド①】新しい店舗の場所の選び方!

お店の場所が決まったら



先ほども少し触れましたが、お店の場所が決まったら次は早速探索に出かけましょう。
探索には最初から持っているであろう「近所の地図」を利用します。

kinzyo.jpg

この地図を開いて>作業をすることで

・水を汲む
・氷を採取(要道具)
・砂を採取(要道具)
・土を採取(要道具)
・素材の採取

この5つの作業が出来るようになります。
まずは素材の採取を行ってアイテムを手に入れましょう。
近所の地図の素材採取からは「薬草」や「色草」「石」や「木の枝」「鳥の羽」といった
序盤から終盤までお世話になる様々な基本的な原料を手に入れることができます。

販売をしてみる



原料を手に入れたら次は販売をしてみましょう。

hanbai.jpg

アイテム>販売を選択すると、次のような画面が出てきます。

hanbai2.jpg

下の方にスクロールしていくと、他の方の出品しているアイテムの状況が見えますので、そちらの金額を参考にしてアイテムの個数や金額を入力していきましょう。
販売するのボタンをクリックorタップで出品完了です。

出品した商品が販売棚に追加され、NPCや他のプレイヤーの方からの買取が可能になります。

この後は採取→販売を繰り返したり、手に入れたアイテムを作業によって加工したりすることで商品の価値を上げた上での販売などを繰り返し、自らの商店をどんどん大きくしていくといいでしょう。




SOLDOUT2では農業や畜産、農業で出来た野菜を調理したりすることも出来ます。
武器屋に鍛冶に木こりをしたり本屋をやってもいいです。
他のプレイヤーの安く売っている商品を仕入れてNPC向けに高く販売するのもOK。
出来ることの幅は非常に広く、どんな経営戦略をとるかも人それぞれですから。

失敗することで学ぶことも多いですし(震え声)好きなように遊ぶといいと思います。
まあこのブログでは効率重視で資金繰りするための指南書とかも書く予定ではあるんですが(笑)

ではでは今日はこの辺で


この記事へのコメント