≪しのかけら≫稼ぎ、ボスキル用ダークエルフ

こんばんは、「ただしみゅ」管理人のくろです。
今日は久々にビルド紹介。
あまり初期スキルから弄ってませんが、「せいばつ」「さいやく」キル用としては非常に強力な≪ダークエルフ≫のビルドです。


スキル構築


・くない
・きょくげい→フェイント
・やくがく
・もうどくのやじり
・自由枠


持前の探索効率の良さを生かして「せいばつ」や「さいやく」部屋を点々としつつ、「しのかけら」を稼ぐためのビルドです。
目的からして「あくむ」モードで挑戦したいところですが、さすがに≪あくむ≫がきついので通常モードの方が安定。

なんといっても特筆すべきは≪もうどくのやじり≫
攻撃が当たる度に5%の継続ダメージを累積していく、というだけあって非常に強力。
継続ダメージを稼いだ後は≪やくがく≫を使用してシールドを維持。

相手のHPが高ければ高いほど効果が出るため、ボスタイプのモンスターに強いです。
それこそHP100万程度になっても殆ど苦なく倒せるレベル。

反面、デメリットとして雑魚戦に時間がかかってしまいます。
むしろHPが低い雑魚相手には非常に苦しい戦いに。
そして≪はんしゃ≫に対する相性の悪さですね。
今回は自由枠を設定しているのでそこを活用すれば負けることはないはず。
おすすめなのは≪ポイズントラップ≫
必中であるためマスターニンジャ対策、ターン回しとしても火力増強としても活用可能。

立ち回り


≪ダークエルフ≫は初期から≪わなかいひ≫と≪テレポート≫を持っているため、とりあえず魔の契約は≪スカウト≫を狙いましょう。
持っていない場合は装備で補う必要が出てくるので、出来ればラボなどを活用してつけておきたいところです。

探索面が整ったら次は装備。
%ダメージによる攻撃がメインになるため、攻撃力はほどほどで十分。
その代わりに防御面を徹底的に鍛え上げましょう。
≪かいひ≫や≪うけながし≫はもちろん≪シールド≫も出来る限り強力な装備を選んでおきたいところ。
もともと持っている≪シャドウショット≫は序盤の雑魚掃除に大活躍するので、装備とスキルが揃うまではそっちを重視しつつ育てるのも○。
ただし≪シャドウショット≫自体は≪もうどくのやじり≫とはシナジーがないので、適当なところで切り捨ててしまいましょう。

≪きょくげい≫は敵の攻撃を受ける前に≪やくがく≫による高補正のシールドを貼るために非常に役立ちます。≪ジャブ≫や≪エナジーバレット≫でもOK。
回転率重視でフェイントなどでも安定。
≪もうどくのやじり≫→≪ターン消費なしスキル≫→≪やくがく≫の順で使うと、敵に手番を与えずにシールドを貼りなおすことが出来ます。

6階層に到達すると「シーズン」ボスが、10階層を踏破すると「せいばつ」「さいやく」ボスが出始めるため、あとはそのボスを転々としつつ、「しのかけら」を稼ぎながら下層へと降りていきましょう。
ボスばかりを狙って倒すので結果的に装備やスキルも獲得チャンスが多くなり、レベルアップも早くなります。
HPが低い雑魚に対しては今一つ相性が悪いので、雑魚狩りは基本的に避ける方向で。

強化案


・かくしきば
検証してみたところ継続ダメージが発生することを確認。
手数がほぼ倍に増えるためやじり型の生命線に。

・しゃけつののろい
回転率のアップに。
スリップダメージはシールドで受けられます。
事故もあり得るため獲得のタイミングには気を付けましょう。

・ゆうどく
火力アップとシールド増加量アップを兼ねた攻守のバランスをとってくれる良スキル。
無理してつけるほどではないがあると嬉しい。

・でんせつのぶぐ≪しりょう≫
手に入る「しのかけら」を2倍にしてくれる伝説の武具です。
高補正≪バリア≫による防御とアイテム獲得&かけらの獲得の効率アップを兼任。

アンシナジー


・そげきしゅ
ターン消費なしのスキルを多用するためアンシナジー。
攻撃を当てなければならないため出来れば欲しいところですが≪もうどくのやじり≫の効果1ターンしかありません。
命中率は別の方法で補いましょう。

・ふどう等
≪やくがく≫が機能しなくなるためアンシナジー。
一応ダメージは通りますがまだ≪ドレッドノート≫の方が安定。



≫Buriedbornes攻略メニュー
≫サイトトップへ戻る

この記事へのコメント