≪あんこくきし≫の特徴・攻略・おすすめスキル

このページではWikiの情報や管理人くろの攻略情報を元に職業別の特徴、攻略法などを載せていきます。
今回は「ふめつのとう」の目玉キャラ≪あんこくきし≫をご紹介!

screenshotshare_20161028_143749.png

あんこくきし


≪開放条件≫
「ふめつのとう」にて通算13回勝利(連勝ではないので注意)

≪初期スキル≫
・エンハンスソード
・バリア
・あんこく

≪専用装備固定パラメータ&スキル≫
装備1:きんりょく まりょく
装備2:さいだいHP バリア
装備3:シールド ひっさつ

≪隠しスキル≫
・うけながし+20%
・ピンチぼうぎょ

≪あんこくきし≫の特徴・評価・立ち回り


まずはスキルから見ていこう。
≪エンハンスソード≫は威力200で使用する度に威力+25%の強化(≪せいがん≫と同値)をしてくれるスキル。
これだけ書くと非常に強そうに見えるが、効果時間が2ターンしかない+クールダウン1のため累積させるためには工夫が必要。
≪きんりょく≫依存技の常だが命中率に難がある点も気になるところ。
≪バリア≫はそこそこ強力で、クールダウン2と軽い割りに、貼っておけば仕事をしてくれるため非常に効果的。
ブロック率自体は確率発動であるため過信は禁物だが、うまく立ち回ればノーダメージで敵を一方的に倒すことが出来る。
最後に目玉スキルの≪あんこく≫だが、3ターンの間≪きょうか+200%≫と≪けいげん+50%≫の強化をしてくれる。
≪けいげん+50%≫はなかなか強力。装備込み、他スキルのサポートもあればすぐさま100%にすることも出来るだろう。

続いてパラメータ。
防御能力が≪さいだいHP≫に≪バリア≫≪シールド≫と、終いには隠しスキルで≪うけながし≫総じて四枚もついてくる。
すべてを均等に上げても生存率はお察しなためどれか二つ程度に絞ってあげよう。
厳選しても絞りづらく、魔石を多数使って絞ってもなかなか強くならないという点で、なんというか≪まけんし≫にそっくり。
≪きょうか≫を中心に戦うタイプなので「けっかい」部屋は鬼門。戦闘が長引くことが多いので「ひょうけつ」部屋も厳しい。
メインで使う場合は愛が必要になるかも。

≪ひっさつ≫が固定でついてくるのは暗黒騎士だけなので、ラボを活用してそっちに特化してみるのが非常に面白い。
リロールでも比較的出やすいため≪ひっさつ≫を中身さえ吟味しなければ装備3か所に張り付けることも難しくはない。


≪あんこくきし≫のおすすめスキル・まのけいやく


・てぎわのよさ
≪エンハンスソード≫のクールダウンが0、≪バリア≫のクールダウンが1になるため非常に有用。
≪きんりょく+まりょく≫タイプの憧れである≪サンダーストライク≫もクールダウン1で撃てるようになるため是非ともつけたい。

・ついげき系の能力全般
4つも防御能力を持っている関係上非常に死ににくいため、こつこつとダメージを重ねるタイプの攻撃が非常に強力に。
≪ひっさつ≫の発動率も上がるため≪ついげき≫≪かくしきば≫を両方載せるなんてこともあり。
確率発動だが2割もあればそれなりに当たるのではないだろうか?
おそらく狙って≪ひっさつ≫を20%以上に出来るのは暗黒騎士だけなので是非とも試してみてほしい。

・スキル≪せいがんのかまえ≫
≪エンハンスソード≫を打ち込む度に+50%の強化は凄まじいの一言。
≪ジャブ≫や≪エナジーバレット≫による強化も狙えるため、エンハンスソードで〆るようにするとかなりの自己バフを得ることができる。手数が増えればそれだけ≪ひっさつ≫の発動も狙えるため≪せいがんのかまえ≫を外して完全に≪ひっさつ≫特化にしてみるのも一興。

・スキル≪ディフレクト≫
≪あんこく≫を有効活用する場合はこちら。
運よく≪けいげん+25%≫装備などが出た場合は≪プロテクション≫でもいい。
どちらでも≪けいげん≫を100%以上に出来るため、効果中はほぼ無敵に。
≪あんこく≫の効果時間が短いのでなんらかのテコ入れをしておきたいところだ。
防御無視の攻撃にはどうしても弱いため過信は禁物。
その場合は≪バリア≫で対処するなどの立ち回りを行おう。

≫Buriedbornes攻略メニュー
≫サイトトップへ戻る


この記事へのコメント