≪ダークエルフ≫の特徴・攻略・おすすめスキル:Buriedbornes

このページではWikiの情報や管理人くろの攻略情報を元に職業別の特徴、攻略法などを載せていきます。
今回は新キャラ≪ダークエルフ≫をご紹介。

screenshotshare_20161026_130906.png

ダークエルフ


≪開放条件≫
特殊イベントで遭遇、イベント部屋で4回遭遇すると開放。
1回目と2回目の遭遇時、装備品を盗まれるというとんでもないキャラ。(なお盗まれたものは返ってこない
お前だけは絶対に許さない……絶対にだ…………っ!

≪初期スキル≫
・シャドウショット
・やくがく
・もうどくのやじり

≪専用装備固定パラメータ&スキル≫
装備1:ぎりょう しんこう
装備2:さいだいHP かいひ
装備3:シールド ふよりょく

≪隠しスキル≫
・わなかいひ
・テレポート

≪ダークエルフ≫の特徴/評価


まずは≪ダークエルフ≫の最大の特徴。新登場のスキル≪シャドウショット≫について解っていることをいくつか。
先制使用ということもあり戦闘の一番初め、1ターン目の開始前から発動。
これはクールダウン中でも問題なく発動し、敵の奇襲時でも問題なく発動する。
威力は200%と≪スラスト≫と同値であることもあって火力はなかなか。
≪ぎりょう≫を鍛えておけば雑魚掃討に大活躍。戦闘開始と同時に袖鎧一触、切り捨てながら進んでいける。

≪やくがく≫は機能すれば継続ダメージと同値のシールド付与をもたらせてくれるがいかんせん重たい。
≪やくがく≫の相棒であるはずの≪もうどくのやじり≫はクールダウンが短い上に、威力が低いこともあって現状全く噛み合っていないのも向かい風。
そもそも最初の≪シャドウショット≫に≪もうどくのやじり≫が乗らないため本当に使い道がない、早めの交換を考えよう。
おすすめの交換先としては≪シャドウショット≫の撃ち漏らしを掃除するための高火力のスキルなどが取り回ししやすい。

続いて装備面。
順当な≪ぎりょう+しんこう≫型の≪さいだいHP+シールド≫タイプ。
エルフとの決定的な違いは≪テレポート≫が隠しスキルになり、新たに≪ふよりょく≫がついている。≪ふよりょく≫はなかなか使い道がなく、腐りステになりやすい。
逆に言えば装備3の枠が自由枠になるということで、様々な装備による組み合わせを楽しめるともいえるので一長一短か。
隠しスキル≪わなかいひ≫のおかげでイベント部屋を罠のストレスなく踏めるのは非常にありがたい。
さすがに回避率と継戦能力は≪エルフ≫の方に軍配が上がるが、こちらのの方はどちらかというと短期決戦向き&探索向きなデザインになっている。


10/31日追記
コメント欄の匿名さんの情報提供によると
≪もうどくのやじり≫の効果は攻撃が一つ当たるごとに相手の最大HPの5%の継続ダメージを付与してくれるというもののようです。
代表的な連続攻撃である≪くない≫や各種Tスキル、または≪かくしきば≫などのような単純な手数を増やす方法を併用すれば、累積した継続ダメージにより一瞬で大ダメージを与えることが出来ます。
深層に入り込むと≪さいやく≫や≪よげんしゃ≫など特定の敵のHPが100万を優に超えることになるため、≪シャドウショット≫などの通常攻撃による火力が追い付かなくなるなんてこともザラに。

そんな時に≪げんかいとっぱ≫を超える%ダメージは非常に強力で頼もしい存在になることに。
流石に序盤から中層までは≪シャドウショット≫の方に軍配が上がりますが、それ以降は≪もうどくのやじり≫の方が安定して戦えるようになります。≪さいやく≫ボスなどもより倒しやすくなるかと。
くろの中で≪やくがく≫の効果も合わせて≪もうどくのやじり≫の評価がガラリと変わってしまいました。


≪ダークエルフ≫のおすすめスキル・まのけいやく


・いばらのみち
レベル上昇による≪ぎりょう≫のパンプアップを狙う意味でも非常に有用。
≪シャドウショット≫使用時には茨の道によるダメージも発生せず。
仮に敵が生き残り、ダメージが発生しても≪シールド≫で受けられるため扱いやすい。

・きょうせんし
戦闘開始と同時に攻撃出来る仕様上、一方的に攻撃出来る。
そのダメージを倍に出来る≪きょうせんし≫も強力。
外したり殺しきれなければ手痛いダメージを食らうことになるため、装備品によるある程度のカバーは必要になる。

・そげきしゅ
確実に≪シャドウショット≫を当てるために使える。
デメリットこそきついが対人戦である≪ふめつのとう≫においてTスキルの優位がなくなってしまったため、≪ふめつのとう≫登録を狙うならつけといて損はない。

・ゆうどく
もともと固定でついてくる≪ふよりょく≫と合わせて≪もうどくのやじり≫が凄まじい火力に。
≪どくマスター≫なんてつけた日には最早手もつけられないことに。


≫Buriedbornes攻略メニュー
≫サイトトップへ戻る


この記事へのコメント

  • 《もうどくのやじり》ですが、《かんさつ》で敵HPを確認しつつ使ってみたところ、一度のダメージ量は敵の最大HPの5%になっているようです。
    《くない》や《かくしきば》などと併用すれば10%、15%とダメージ量が伸びるので、《せいばつ》の高HPエネミー相手なら毒ダメージが1万を超えることも珍しくなかったです。
    2016年10月30日 19:16
  • くろ

    >《もうどくのやじり》ですが、《かんさつ》で敵HPを確認しつつ使ってみたところ、一度のダメージ量は敵の最大HPの5%になっているようです。
    >《くない》や《かくしきば》などと併用すれば10%、15%とダメージ量が伸びるので、《せいばつ》の高HPエネミー相手なら毒ダメージが1万を超えることも珍しくなかったです。
    >

    なるほど、今一つ利用方法がわかりませんでしたがそういう効果でしたか!
    ということは≪かぜきり≫による追加攻撃や追撃ダメージ、≪かくしきば≫含めてTスキルも合わせて15発も当てれば「お前はもう死んでいる」なんていう北斗百○拳のような効果がっ!(歳バレ)

    追撃+かぜきり+かくしきばつけて
    フェイント→フェイント→くないで全弾必中すればワンチャン!

    という冗談はおいといて、そうなるとかなり早い段階で≪シャドウショット≫型か≪もうどくのやじり≫型に別れることになりそうですな
    情報提供ありがとうございます。追記しておきます。
    2016年10月31日 02:37
  • 追記ありがとうございますー。
    コメント投稿後、やじりと《かくしきば》をメインに運用してたんですが、反射もちのエネミー相手だとどうしても攻撃してしまって詰むことが分かったんで、その辺りの対策は必要になりそうですねー。
    2016年10月31日 09:42