部屋の効果まとめ

忘れがちなので備忘録代わりに復習。
気を付けるべき部屋まとめってことで確認ついでに個人的にまとめておきます。

マイナス効果の部屋



・くらやみ
暗すぎて敵の姿が見えない部屋。
≪かんさつ≫を持っていれば無効化できる。
メニューからログを読んでも名前が表示されるためほとんどフレーバー。

・とびら
部屋の中身が見えないという部屋。敵がいた場合は確定で奇襲される(≪けいかい≫があれば無効)
中には死体があるかもしれないしイベントがあるかもしれないしボスがいるかもしれないが、開けてみないとわからない。
場合によっては事故に直結してしまうため出来るだけ避けたいが、もしかしたらと思うと踏んでしまいたくなる不思議。
仕様で同じ階層にとどまり続けると≪とびら≫とボスの部屋しか出なくなるといった現象が起こる。

・とうけつ
結構な確率でクールダウンが+5される。
バフずれや行動事故などに直結しがち。
後半になるにつれてクールダウンの管理ゲーになるため意外と危険。

・ぬま
各スキルのクールダウンが+1
後半になるにつれて(ry
強敵相手にスローなんて食らった日には目も当てられないことに。

・きゅうくつ
≪かいひ≫キャラにとっては致命的なお部屋。
≪とびら≫のむこうは狭い部屋だったなんてことがないように気を付けたい。

・けっかい
様々なキャラにとっての地雷部屋。
バフを中心に戦うタイプや状態異常で戦うタイプにとっては天敵。
場合によっては本当に何も出来なくなってしまうことも。

・すいぼつ
踏んだ瞬間に歩数が+10歩されるマス。具体的には敵のレベルが2段階上がる。
レベル上昇が顕著な「あくむ」モードでは天敵。知らず知らずの内に敵のレベルが上がってしまっていたりする。

・でんりゅう
与えるダメージと受けるダメージが2倍に。
≪きょうせんし≫などを持っていると予想以上のダメージを受けての事故死につながりやすい。
上手く利用すれば強敵を一撃で倒したりといった活用法もあるが計算ミスって倒し損ねると手痛い反撃を食らってしまうことに。

・しゃくねつ
行動するごとにダメージを受ける部屋。
スリップダメージは大したことはないが積み重なると≪まけんし≫などのHPを活用して戦うタイプなどにとっては結構厳しい展開に。
シールドやなんらかの回復手段がない場合は避けよう。

・ほうらく
たまに結構な大ダメージを食らってしまう。
おそらくげんざいHP依存の%ダメージなので軽減する方法も少ない。
回復手段やシールドがあればあまり気にせず踏破出来るマス。

・こうだい
敵味方両方の命中率が半減。
そもそも命中判定のいらないドルイドや命中率が天元突破するフォーカス持ちにとっては独壇場に。

プラス効果のある部屋


・たいまつ
この部屋にいる時だけ≪スカウト≫の効果が付与される。
具体的にはすべての部屋の中身が見えるようになる。
この部屋で敵とエンカウントした場合は絶対に奇襲は受けないので≪けいかい≫がない人でも安心して進める。

・おいかぜ
この部屋においての戦闘中はすべてのスキルがクールダウン1以下に。
様々なスキルを連発出来るため、コンボやスキルの立て直しに。
「あくむ」などでクールダウンが増えたスキルはそもそも使えないため、地道に減らすしかないので注意。

・しゅくふく
この部屋にいる間敵味方ともにHPを少量回復してくれる。
数少ない恩恵のある部屋ではあるが効果も回復量もいまいちだったりはする。

≫Buriedbornes攻略メニュー
≫サイトトップへ戻る


この記事へのコメント