しじゅつしループ

どもども、「ただしみゅ」管理人のくろです。
深層でもそこそこ通用するであろうビルドを紹介。
構築の参考にでもしてくださればと思います。
今回は無限コンボが楽しい≪しじゅつし≫です。
おそらく次回更新時での調整最有力候補ですね。多分使えるのは今だけかも。

スキル構築


・サモンゾンビ
・サクリファイス
・任意×3


サクリファイスによるコンボを最大限活用するビルド。

まずは各スキル。
≪サモンゾンビ≫は初期から持っている優秀な召喚スキル。
防御と攻撃を同時にこなせるため、序盤こそ頼りないが≪しんこう≫が青天井になった瞬間から化ける。
具体的にはうまいことやれば10階層あたりでもシールドと火力がともにカンストさせることができる。

≪サクリファイス≫はこのキャラの生命線。
クールダウンは8と非常に重たいが≪3ののろい≫を利用すれば完全にデメリットを無視できる。
このスキルで付与される「えんちょう!」の効果は自分に有益なバフのみの効果時間を3T引き延ばしてくれる。

≪かそく≫マスの効果によって半無限コンボが出来るため非常に強力。
Ver1.2.2現在の仕様では≪かそく≫マスでの戦闘中全スキルのクールダウンが1になるため、各種バフを使用→サクリファイスの繰り返しによって何度でも重ね掛けすることができる。

任意スキルの中身は実に様々。基本的に持続系の自己バフが中心。
第一候補としては≪しんたく≫
各能力値を倍にしてくれるという効果を≪サクリファイス≫で伸ばしていくため、スキル効果が重複し続ける。2回使うと4倍、3回使うと8倍。4回使うと16倍である。最早ここまで来ると一瞬でカンストしてしまう。

第二候補は≪トレジャーハント≫運の良さを+25してくれるスキルだ。
持ち込めるなら≪つかいまわし+ラッキーコイン≫などでもいける。この場合は枠を食うというデメリットこそあるが一度の使用で+50してくれる。ただし、≪ラッキーコイン≫しか使えるものがないという状況になりがちなので気をつけよう。
≪サクリファイス≫さえあればいいので≪どうけし≫でも運が良ければ手に入るかも。
≪うんのよさ≫はドロップに直接影響してくるため非常に強力。累積+300程度までいけばリロール毎に≪でんせつのぶぐ≫やレア度Aランクスキルのみが並ぶことに。
これによって序盤に強力な装備を手に入れておけば後はかなり安泰になるだろう。

第三候補は≪ゴッドブレス≫
スキルの威力に+25%、同時に≪けいげん≫を+25%してくれるスキル。
4回も使いまわせば≪けいげん≫が+100%に到達するため、被ダメージほとんど1になる。
かんつう系のスキルや能力を持っている相手には全く効果がないため注意は必要。

他にも強化バフ系ならある程度なんでも大丈夫。ただし、シールドをつけるような撃ちっぱなしのスキルはえんちょう!しても意味がないので気を付けよう。

立ち回り


まずは序盤からラッキーコインを持ち込んでおこう。≪つかいまわし≫をもってないとはいえ、≪かそく≫マスを見つけ次第≪うんのよさ≫を+50分底上げできる。
イベントマスで貰えるバフなども「えんちょう!」することも出来るため、≪したいあさり≫や≪ひらめく≫を常時バフとしてつけて回ることも出来る。
この方法によって強力なスキルと装備によって立ち回れるため、序盤からかなりのアドバンテージを得たままスタート出来る。

あとは≪かそく≫マスを乗り継ぎながらこつこつリロールしていくといいだろう。
この構築のデメリットとしてはリロールを多用するので≪ませき≫の消耗率がかなり大変なことになってしまうところ。他キャラによる≪ませき≫の獲得などのサポートがあれば「あくむ」モードの深層行きも難しくない。

≪けっかい≫マスはバフそのものが使えなくなってしまうため出来るだけ近寄らないようにしよう。同様の理由でイベントマスでおこる≪かぎのついたこべや≫のイベントもバフが剥がれてしまうためNG。敵がつかう≪ディスペル≫も鬼門なので使われる前に倒してしまおう。大丈夫、火力は十分にある。

相性のいい魔の契約


・3ののろい
この構築の生命線になる契約。
構築の仕様上すべてのスキルが重めになりがちなのでデメリットはほとんど無視できる。

・おおわざつかい
上記の≪3の呪い≫と合わせて使いたい。≪3の呪い≫の適用前の元のクールダウンが適用されるので、結果としてクールダウンが2に軽減される。
構築上クールダウン重めのスキルを多用することになるため非常に有用。
≪しゃけつののろい≫も合わせれば毎ターン≪バフスキル≫→≪サモンゾンビ≫→≪つかいまわし≫→≪アイテム≫→≪サクリファイス≫のようなループを行うことも可能に。

・けいかい
相手の先手によって発生したターン、バフが剥がされてしまうのを防ぐ意味でも非常に有用。

相性の悪い魔の契約


・はんしゃ
≪かそく≫マスでのバフ回し中に事故を防ぐためにも外しておきたい。

・ついげき
上記と同じ理由で≪ついげき≫も外れる。サクリファイスが行動消費のため毎ターン≪ついげき≫してしまうのでNG。

・ふどう
そもそもバフの重ね掛けて戦うタイプなので絶対にNG。
バフがなければ素のステータスはいまひとつになりがちなため、一度つけてしまうと装備を変えるまでに死にかねない。

≫Buriedbornes攻略メニュー
≫サイトトップへ戻る

この記事へのコメント

  • ドレッドノートはCDが増えてしまうのでやめたほうがいいと思います。
    3の呪いにはてぎわのよさとおおわざつかいが乗ります。
    これらを付けた場合対応スキルのCDは2になりおおわざつかいがあれば3の呪いだけでサクリファイスの維持ができるようになります。しゃけつがあれば無限延長も出来ます。
    2016年10月30日 02:49
  • くろ



    >さん
    >
    >ドレッドノートはCDが増えてしまうのでやめたほうがいいと思います。
    >3の呪いにはてぎわのよさとおおわざつかいが乗ります。
    >これらを付けた場合対応スキルのCDは2になりおおわざつかいがあれば3の呪いだけでサクリファイスの維持ができるようになります。しゃけつがあれば無限延長も出来ます。



    情報提供ありがとうございます!
    加筆修正しておきました。
    2016年10月31日 03:06
  • 個人的には3の呪いをついているのが条件ですがでしんたくで強化したあとサモンドラゴンなどの召還系をえんちょうして9回すると限界突破なしでも行動するたび99990のダメが与えれるので、
    スキルをサクリファイス×2 その他×3で構成すると敵レベルかなり高い災厄など以外は、
    サクリファイスその1→追撃→移動→サクリファイスその2→追撃→移動を繰り返すことができます。災厄も楽勝です。
    災厄狩りをする場合その他のスキルのうち2つは
    つかいまわしと召還術式、最後のスキルはタイムスキップかサクリファイスがオススメ
    またイベントかえんちょうの魔の契約とリザレクションの組み合わせのどちらかで復活をえんちょうすれば死なない。
    災厄の敵がディスペルを使ってはこなかったと思う(要検証)
    2016年11月14日 23:54