防御特化ドラグーン

どもども、「ただしみゅ」管理人のくろです。
今日は深層でもそこそこ通用するであろうビルドを紹介。
構築の参考にでもしてくださればと思います。
まずは≪ドラグーン≫から。

スキル構築


・ディフェンシブ×2
・フルヒーリング
・りゅうのきば
・げきりん


≪りゅうのきば+げきりん≫のコンボを最大限活用するビルド。

まずは各スキルを見てみよう。
まずは≪ディフェンシブ≫
行動毎に反射ダメージが飛んでいくため≪ディフェンシブ≫が攻守一体の行動になる。
攻撃スキルを排して≪ディフェンシブ≫の2枚仕込みである理由はクールダウン1のTスキルであるため。相手にターンを渡すことなく≪げきりん≫ダメージを飛ばす大砲として継戦能力も高く一番活用しやすい。
もしも相手が生き残っていたとしても、こちらは≪ディフェンシブ≫×2の効果で≪けいげん≫が50%増加しているため、生存率増加にもつながる。
≪しゃけつののろい≫を持っている場合はより効果の高い≪ろうじょう≫や≪ディフレクト≫にランクアップしてもいい。

≪フルヒーリング≫は≪オーバーヒール≫を活用すると最大HPを上昇してくれるため、これも結果として最大火力上昇につながる。
ここは最大値回復してくれるスキルであればなんでもいいため≪じゅくすい≫や≪ちのけがれ≫でも代用可能。

あとは単純。≪りゅうのきば≫で増加した反射ダメージを≪げきりん≫で行動毎に相手に飛ばすだけの簡単なお仕事。
全体的にある程度出やすいスキルで構築されており、装備も一部以外はリロールに魔石をあまり使わないという点が魅力で、実際拘らなければ一部のキー装備以外は≪さいだいHP≫と≪はんしゃ≫の値だけに気を使っていてもある程度の深層まで行けてしまうというお手軽さを発揮する。

立ち回り


まずは≪はんしゃ≫を上げることを考えよう。
浅層では無理して最大HPを伸ばすよりも反射を上げた方がいろいろと手っ取り早い。
≪りゅうのきば≫なしでも≪げきりん≫で1000以上のダメージを叩き出せるようになるとかなり安定。

ある程度階層が進むと火力的に1Tで敵を倒すのが辛くなってくるため、そのあたりになれば装備を少しずつ手を加えていこう。
≪しゃけつののろい≫付きの装備を始め、出来るだけ≪さいだいHP≫と≪はんしゃ≫を伸ばしていく構成にしていきたいところ。
装備が整ってくれば≪せいばつ≫や≪さいやく≫にも手が出せるようになる。

気を付けるべき敵はマスターニンジャときょじん。
下手に先手を取られると防御バフ抜きで対応しなければならず、手痛い一撃を貰うことに。
特に敵の火力が青天井になりやすい深層では≪けいかい≫のあるとなしで安定感が段違いになりやすい。

あとは反射持ちの相手にはTスキル主体の構成上、撃ちたくないのに撃たされるという場面が発生することも。回復スキルを≪じゅくすい≫にすれば解決出来るが≪じゅくすい≫そのもののデメリットも結構きついため、悩みどころである。
火力は申し分ないはずなので、開き直って≪はんしゃ≫を使われる前に倒してしまうのが一番手っ取り早いかも。

相性のいい魔の契約


・オーバーヒール+げんかいとっぱ
両方ともイベントマスで永続取得できる。
この構築では最大火力を発揮するためには最大HPを伸ばすのが一番手っ取り早いという点で非常にわかりやすい。
実際すぐにカンストしてしまうため早い入手が望まれるのだが、欲しいときには全く出ないという代表的な部類。この二つはいっそラボでつけてしまってもいいかも。

・しゃけつののろい
おそらくこの構成の肝。
≪りゅうのきば+げきりん≫を常時展開できるようになる。
更に≪えんちょう≫も加えれば≪りゅうのきば≫のバフが重複するため火力が凄まじいことに。
全職共通でいえることだが、深層にいけばいくほどクールダウン管理との戦いになるため非常に有効。

・けいかい
深層探索のオトモ。
前述したとおりこれがあるとないとでは雲泥の差になる。

・てんけい(でんせつのぶぐ)
意外と強かったのがこちら。
≪フルヒーリング≫が確定命中+≪げきりん≫によってカンストダメージの2連撃とかいうすごいことに。運が絡んでしまうが、マスターニンジャに対する対抗手段や単純な火力アップとしても有効。
≪オーバーヒール≫が確定でついているのもシナジー。

・まあいのみきり(でんせつのぶぐ)
≪うけながし≫に特化するならこんな構成も面白い。
≪きんりょく≫と≪さいだいHP≫も増えるため≪やなぎのかまえ≫も入れるとすごいことになるかも。余談だが、回避したときは反射ダメージは発生しないが、うけながした時にはしっかり反射が発生する。

・きょうせんし
倍増したダメージもカットできるため、デメリットを帳消し出来る。
反射ダメージも≪げきりん≫のダメージもしっかり倍増するためお手軽に火力がアップ。
フルヒーリングの威力まで倍増するとあってなかなかに強力。

相性の悪い魔の契約


・しんがん
強制的に防御バフが無効化されてしまうため、絶対につけてはならない。
回避型なら神スキルなのだがHPで受ける!という構成になりやすいこの構成では非常に相性が悪い。

・ついげき
召喚系や伝説の武具系も含む。
そもそもTスキルには追撃が載らないため宝の持ち腐れになりやすい。
毎ターン≪ついげき≫で火力アップだぜひゃっはーとか思ってつけると泣きを見ることに。

・そげきしゅ
Tスキル主体の構成で敵の行動前に倒してしまうというコンセプトなので、Tスキルがなくなってしまう≪そげきしゅ≫はアンシナジー。

・ふどう(ゆらぎ)
バフスキルに加えて≪りゅうのきば≫や≪げきりん≫まで無効化してしまうという地雷。
運よくその部位の装備が出現するまで一切なにも出来なくなってしまうため絶対に装備しないようにしよう。


≫Buriedbornes攻略メニュー
≫サイトトップへ戻る


この記事へのコメント

  • アンシナジースキル筆頭に不動を推しておきます。
    龍の牙、逆鱗ともに状態変化系スキルなので、自身の不動でシャットアウトされます。
    ディフェンシブの補正すらもかからないので、自前の反射と応急手当てのみで延々と敵と戯れることになりました…
    2016年11月01日 01:45
  • くろ

    情報提供ありがとうございます!
    加筆しておきますね~

    >さん
    >
    >アンシナジースキル筆頭に不動を推しておきます。
    >龍の牙、逆鱗ともに状態変化系スキルなので、自身の不動でシャットアウトされます。
    >ディフェンシブの補正すらもかからないので、自前の反射と応急手当てのみで延々と敵と戯れることになりました…
    2016年11月01日 12:02
  • くろ



    >さん
    >
    >アンシナジースキル筆頭に不動を推しておきます。
    >龍の牙、逆鱗ともに状態変化系スキルなので、自身の不動でシャットアウトされます。
    >ディフェンシブの補正すらもかからないので、自前の反射と応急手当てのみで延々と敵と戯れることになりました…

    情報提供ありがとうございます!
    うっかり忘れてました\(^o^)/加筆修正しておきます。
    2016年11月01日 12:10