≪せんし≫の特徴・攻略・オススメスキル:Buriedbornes

このページではWikiの情報やくろの攻略情報を元に職業別の特徴、攻略法などを載せていきます。
まずはプレイ総合No1の≪せんし≫から。

※Ver1.4.2対応しました。



screenshotshare_20160923_202135.png

せんし


≪開放条件≫
初期から存在

≪初期スキル≫
・こうげき
・ガード
・せんぷうけん

≪専用装備固有パラメータ&スキル≫
装備1:きんりょく せんせいこうげき
装備2:さいだいHP けいげん
装備3:ぎりょう さいだいHP

≪固有能力≫
・かいりき
・きゅうしょかいひ

Ver1.4.0での更新内容


専用装備2の≪ぼうぎょ≫だった部分が≪けいげん≫に変更。
固有能力の≪ピンチぼうぎょ≫が削除されて≪かいりき≫が追加。

かいりき:命中の低いスキルの威力がアップ

≪せんし≫の特徴


高火力、高体力、高防御と扱いやすい能力の揃ったキャラクター。
WIKIでは☆3つと厳しめの評価だが、個人的にはかなり使いやすい部類に入るかも。
Ver1.4.0にて≪かいりき≫が追加されたことにより筋力依存の技の威力が底上げされ、専用装備2が≪ぼうぎょ≫→≪けいげん≫に変更されたことによりかなりの上方修正となった。

なんといっても特徴的なのは威力800%の≪せんぷうけん≫の存在だろう。
"きょうか"などの事前準備なしの初期値でも、当たれば100以上のダメージを叩きだすことができる。
おまけに≪かいりき≫による補正も受けるので最終的な火力は凄まじいものに。

難点は攻撃の命中率であるところは以前と変わらず。早い段階で≪フォーカス≫や≪イーグルアイ≫といった命中率上昇スキルが取れないと後々辛いことになる。幸いにもどちらもレア度はそんなに高くないので10層に辿り着くころには少なくとも1枚は手に入っていることはず。長めのクールダウンが辛いところではあるが、それも高HP高防御で固めておけばそうそう沈むことはない。

とりあえず"きんりょく"特化しておけばある程度の階層まではなんなく潜れる。
ただし専用装備だとシールドがない関係上、≪スーサイドロック≫などの自爆技持ち相手に無防備になりやすい。そのためかHP回復手段がないまま迷宮を彷徨い歩き、力尽きて途中で死ぬという事態がそこそこある。
回復スキルやシールド系のスキルを少なくとも1枚は持っておくと、より安定して攻略が可能に。

"かいひ"や"うけながし"を持たないため、階層が深くなってくるとさすがに息切れしやすくなってしまう。雑魚との連戦は回転率の高いスキルで力押し乗り切るか、ある程度防御に割り振るなどして対応していきたい。
Ver1.4.0にて≪ぼうぎょ≫→≪けいげん≫に変更されたことにより完全耐久型として育てるのが安定。
スキルと装備をうまく使って≪けいげん≫を100%以上まで上げてしまえば高火力・高耐久を実現できる。

おすすめスキル&"まのけいやく"


・フォーカス(イーグルアイ)
上記でも書いたがやはり鉄板の組み合わせ。
≪きょうせんし≫や≪ちからのだいしょう≫と合わせると"きんりょく"200を超える頃には限界突破ダメージを叩き出せる。
とりあえず"きんりょく"さえ上げてしまえば強化も楽なため、10層の覇王でさえ楽々一撃で屠ることも可能。
ただし、単発ダメージのため"うけながし"には十分に注意が必要。

・プロテクション
手番を使わずに≪けいげん≫をあげられる良スキル。
ただし「ふめつのとう」ではターン消費なしのスキルは機能しないため、≪ガード≫や≪ファランクス≫などのスキルを≪えんちょう≫で効果時間を延ばす、などして対応したい。

・HP回復系
最大HPが嫌でも高くなるため、最大HP依存の回復スキルと相性がいい。
≪ちのけがれ≫+≪オーバーヒール≫+≪せいなるかご≫などを組み合わせるともはや浮沈艦。
まあどれだけHPを上げても死ぬときは死ぬので過信は禁物。
ニンジャとかウサギとかニンジャとかで。

・そげきしゅ
確実に攻撃を当てることに特化するのであればこちら。
≪こううんなドジ≫や≪いっぱつねらい≫などを組み合わせるとこちらは命中率100%で威力2倍。相手の命中率だけを一方的に半減する、といったコンボを狙うことも。



≫Buriedbornes攻略メニュー

≫サイトトップへ戻る


この記事へのコメント