【一日目】剣道部で挑むプロフェッショナルモード【黒髪ロングJKサバイバル】

screenshotshare_20151208_130620.png

始まりましたプロフェッショナルモードの攻略シリーズ。
出来上がったJKはこんな感じに。

さすがの剣道部、腕力34は圧巻である。
体力高いのと敏捷が20あるのがまたいい感じ。
そういえば言い忘れてましたが初期作成時のステータスにはバラつきがあります。
剣道部スタートでも低いときは体力150を下回ったりもしますので実プレイの際はご注意。
一番安定してるのはやっぱ陸上部ですかねー
こちらだと大体体力190代、腕力20以上敏捷30以上が出来上がります。

おっと早速脱線してしまったので話を戻して。
まずはプロフェッショナルモードのおさらいをしていきましょう。

プロフェッショナルモードの場合


・初期アイテムなし
・自然環境、健康面、精神面ハードモード
・JKポイント使用不可
・救済処置なのか他プレイヤーの亡骸が出やすくなっている(体感)
・就寝時の不意打ちはほぼ100%精神異常を引き起こす

ここで特に厳しい部分は
一番最初に挙げた「・初期アイテムなし」これですね。
通常プレイの際は初期所持アイテムとして『ペットボトル』(容量350、耐久50)や保存期間の長く体力を大きく回復してくれる食材、『カロリーメイト』を最初から所持している状態でスタートできるのですが、プロフェッショナルモードの場合、これが存在しません。
つまり、体を洗うための水を保存しておくアイテムが一つもない状態からのスタートとなります。

体を洗えないままでいると衛生値が回復せず、最終的に0になります。
この状態でもすぐにどうということはないのですが、衛生値が0のままウロウロしていると、野生化や風邪などの厄介な状態異常をひきおこしやすくなります。
プロフェッショナルモードではこれが即死に繋がる可能性が高いため、できる限り避けたいところ。
早めに衛生値を安定させるのが当面の目標になりそうですね。

衛生値を回復するためには体を洗うための水が必要です。
初期MAPで運良く湖を見つけられたならその場で底上げをしてもいいのですが、草原MAPでは水入れ容器はなかなか作成難易度が高く、そもそも移動できないため根本的な解決にはなっていません。

そこで、手っ取り早く水入れ容器を確保するために、最初に目指すべきは「はまべ」となります。
「はまべ」で手に入るアイテム『ビン』の獲得が最初の目的です。

参考≫水まとめ


とはいえその「はまべ」に行けるようになるまでがかなり大変なんですけどねぇ……
プロフェッショナルモードも通常モードも最初期にやることは変わりません。
そう、『木の棒』の確保です。
これがないと運良く「はまべ」まで辿り着けても『水浴び場』すら掘れません。
それと『羽の目印』も移動日までには製作できるだけ製作しておきたいところ。
こっちは材料も出やすいしあまり難しくはないんですけどね。
問題は『木の棒』なわけです。

出現するアイテムがランダム(初期は方針変更もできないのでより運依存)であるため、こればっかりは完全にリアルラック次第。
僕はもともとリアルラックが低い方なんで、ひどいときは3~4日かけても『木の棒』一本でないこともあります(泣
初期「草原」と「はまべ」の両方に高台+トイレ(はまべには水浴び場も)を建てることを考えると少なくとも木の棒2本くらいはほしいところ。

それと体力回復手段が乏しいため最初期の体力回復や潤いの回復には探索で手に入る野菜類を利用します。
中でも回復率の高く日持ちしやすい『さつまいも』などを狙っていきたいですね~(ランダムだけど)

出ることを祈って探索していきましょう……


リザルト


素材)
■石×5
■小さい葉っぱ×5
■つる草×5
■鳥の羽×5
■木の棒×1←!

食材)※数省略
■きいちご
■花びら
■たんぽぽ
■タロイモ←!
■オオバコ
■さつまいも←!
■どんぐり
■くるみの実

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
かなり幸先のいい探索効率でした。

夜の間は探索しても素材取得効率が悪く、おまけに猛獣も出やすくなるため、できるだけ夜間は製作に当てます。
そういえばリザルト見てて思ったけど今日は猛獣一匹も出なかったんだなぁ……


■石×5→とがった石×2→石包丁を制作
■小さい葉っぱ×5→葉っぱのベッドを制作
■乾燥オオバコを一つ製作

製作する過程でレシピゲット
○ひらたい石
○葉っぱのテント

就寝前に■タロイモを一つ消費

一日目終了時点でのステータス



screenshotshare_20151208_144912.png

というわけで今日はここまで。
明日も生き残れるといいんだけれど……ではではまた明日!


この記事へのコメント