状態異常対策

screenshotshare_20150901_233319.png

身体的な状態異常


身体的な状態異常には軽度な順に毒、幻覚、腹痛、風邪、猛毒の五つがあり、後に上げたもの程危険性が高くなる。
状態異常になると、身体能力の低下や探索効率の悪化、状態異常による体力減退などを受けることになる。
毒や幻覚、腹痛は『どくだみ』などのアイテムを食べて睡眠をとっておけばすぐに治るため、よほどのことがない限りはあまり気にする必要はない。
風邪と猛毒は体力の消耗も激しいため、探索との両立はかなり厳しい。
錠剤や『どくだみ』、お茶などののアイテムを利用して出来る限り全力で治療にあたろう。
基本的に軽度のものなら潤いや体力に気を付けながら寝れば治る。

・毒
特定の敵の攻撃や毒を持つ食材を食べることによって毒状態になる。
『どくだみ』食べて一晩寝れば大体治ってたりする。

・幻覚
特定の敵の攻撃や幻覚作用を持つ食材を食べることによって幻覚状態に。
攻撃力が大幅に下がってしまうため時として致命的になりうる。
可能なら幻覚を軽減する食事などは常備しておこう。

・腹痛
生の食材を食べ続けると腹痛状態に。
こちらも『どくだみ』を食べて睡眠をとればあまり時間がかからずに治癒出来る。
排泄値の低下や腕力低下を引き起こす。

・風邪
気温が涼以下(寒、厳寒)状態で過ごしたり、雨に降られながら探索していると風邪をひく。
体力低下がかなり早く、能力低下や精神異常を引き起こす。
気温低下時は耐寒防具を着たり身体を温める食べ物を食べるなど徹底した予防をしておくとほぼかからない。
もしもなってしまった場合は錠剤などを用いて出来る限り早めに治療したい状態異常。

・猛毒
高位のヘビ系などの特定の猛獣による攻撃によって引き起こされる。
体力低下の速度がハンパじゃなく長引けばあわや死亡もありうる凶悪な状態異常。
『どくだみ』も効くのであらゆる手段を用いて治療にあたろう。


精神的な状態異常


精神的な状態異常にはマイナス効果を及ぼすものに退屈、警戒、慎重、夢見がち、無気力、寂しい、野生化の七つがある。後に上げたもの程危険性が高い。
身体的な状態異常と同様に身体能力の低下や探索効率の悪化などの症状が現れる。
なかでも無気力と野生化は心のちからが使えなくなるため、この状態には極力ならないように注意されたい。
プラス効果を及ぼすものも存在しておりこちらは集中、ご機嫌、覚醒の三つ。こちらは後に上げたものほど身体能力ボーナスなどの強力な効果を発揮する。
なお、精神的な状態異常は『心のちから』を消費することでニュートラルである『穏やか』状態にすることが出来る。
『心のちから』は使用すればするだけ最大容量が増えるため『穏やか』状態でも定期的に空撃ちしておくと無駄なく成長させることが出来る。

引き起こされる要因
・退屈
長時間同じ場所に留まっていたり、同じ作業を繰り返していると発症。

・警戒
休憩中の襲撃により引き起こされる。

・慎重
生の食べ物を食べたり生水を飲んだりすると発症。

・夢見がち
製作成功や調理成功によって引き起こされる。
この状態で心の力を使うと『集中』状態になることが出来る。

・無気力
退屈状態が進行するとこの状態に。
無気力状態だと心のちからが使えなくなるため時間経過や睡眠、食事によって回復させるしかなくなってしまうため、出来る限り退屈状態の時に対処してしまおう。

・寂しい
プレイヤーの死体を見つけたり、孤独を感じると発症。
能力がかなり低下するため早めの対処を行いたい。
回復させるための心のちからが大量に必要になる。
いっそ確実に治療するために100全部使ってしまってもいい。

・野生化
下記にも記してあるが「人間らしからぬ行動」をおこなうと野生化のキーになる。
複数の要因が一気に重なった時が危険。
野生化状態だと無双出来るほどに攻撃力が高くなるが、それでもやはりデメリットが大きすぎる・・・か?
なってしまったらどうせ時間経過でしか治らないので、開き直って猛獣乱獲してしまうのも手。

○野生化状態にならないために
野生化状態だと強力な攻撃力増加や身体能力の増強などが行われるが、採水不可、心のちから使用不可、方針無視、装備不可、食材調達率低下など、超きついデメリットつき。
これを利用して猛獣乱獲する手もなくはないのだが、故意に穏やかに戻す方法が製作以外難しいためあまりおすすめは出来ない。
スコア的にもステータス的にも出来る限り避けるべき状態異常である。

野生化の予防としては
・生肉をあまり食べない
・衛生値を出来るだけ保つ
・トイレで排泄する
などといった文明的な行動が必要になる。
他にも猛獣の乱獲も野生化のトリガーになるため、大量の猛獣を狩猟する場合は出来るだけ『投射』による狩猟を心がけたい。

ポジティブな精神的状態異常とトリガー



・集中
夢見がちの状態で心の力を利用するとよくこの集中状態になる。
ご機嫌状態で狩猟をしていると陥り易い、夢見がち状態のカバーに。
身体能力や生活能力が上昇。

・ご機嫌
狩猟に勝利した時や料理の成功、食事などによって引き起こされるプラス状態。
身体能力や生活能力が大きくアップするため、狩猟が格段に楽になる。
また、エンカウント率も格段に上がる。
この状態で製作や食事などを行うとたちまちバッドステータスの夢見がちになってしまうため、『心のちから』は残しておこう。

・覚醒
『心のちから』を80~以上一気に消費することによって時たま引き起こされる。
身体能力や生活能力がかなり大きくアップする。
製作したいアイテムがあるが、どうしても器用さが足りない時などに狙ってみるのもいいだろう。



≫黒髪ロングJK攻略メニューへ戻る
≫サイトトップへ戻る


この記事へのコメント